• 芦沢さんの朝もぎ桃 約2.5kg×3箱(山梨県・桃源郷)_s21
  • 芦沢さんの朝もぎ桃 約2.5kg×3箱(山梨県・桃源郷)_s21
  • 芦沢さんの朝もぎ桃 約2.5kg×3箱(山梨県・桃源郷)_s21
  • 芦沢さんの朝もぎ桃 約2.5kg×3箱(山梨県・桃源郷)_s21
  • 芦沢さんの朝もぎ桃 約2.5kg×3箱(山梨県・桃源郷)_s21

芦沢さんの朝もぎ桃 約2.5kg×3箱(山梨県・桃源郷)_s21

15,950(税込)159ポイント

レビューはまだありません

販売開始:2024年05月13日

販売終了:2024年08月01日

数量

在庫あり/あと1個

のし


商品内容 桃約2.5kg(7~9玉)×3箱
栽培方法 特別栽培(農薬減・化肥減)
出荷時期 6月下旬~8月上旬最終出荷予定
天候等の影響で変更になる場合がございます
※こちらの商品は月・水・木・金曜出荷(祝日除く)となります
産地・生産者団体 山梨県・芦沢農園
送料について 産地直送送料無料
※沖縄別途1000円、北海道九州別途200円

※遠方・離島への配送につきましてはクール加算(+310円)させていただきます。
※天候や桃の状況により、順次出荷させていただきます。ご希望のお日にちにお届けができない場合がございます。予めご了承くださいませ。


ずっしり重い 芦沢さん(あしざわさん)の朝もぎ桃

桃源郷・芦沢さんの桃(山梨県)

桃は早朝に収穫する。そして、その日のうちに出荷します。

桃の実り

芦沢さんの桃は、1つ1つがずっしりと重く、甘味がしっかりしていて、毎年大人気です。

なぜ、毎年そんなに美味しい桃を育てられるのか?その秘密はたくさんあるのですが、秘密の一つめを教えちゃいます。

芦沢さんの桃は、全て「朝もぎ&当日出荷」をしているのです。

収穫は、朝日が昇る前、朝5時から8時まで。それから、1個1個丁寧に箱詰めして、10時までに発送。産地直送なので、皆様のお手元には翌日(北海道、山陰・中国地方、九州は翌々日)には届くという鮮度管理をしています。

なぜ桃は朝もぎ(朝収穫)がいいの?

なぜ「朝もぎ」にこだわるかというと…

桃の樹は、昼間に太陽の光を浴びて葉が光合成をし、甘さの素をせっせと作ります。そして夜、その甘さを実に蓄えます。

翌朝、早朝に蓄えた甘みを桃が使ってしまわないうちに収穫すると!

最大限甘みのある一番美味しい桃が食べられます。だから、「朝もぎ」なんです。

桃カット画像

芦沢さんはこうやって桃を育てています。

芦沢さんご夫妻

芦沢さんの栽培方法は別名「プログラム農法」と呼ばれる育て方。桃園の土を細かく土壌分析をして、土のミネラルバランスを桃の樹が求める最適な状態にプログラムしていく育て方なのです。

土づくりの話をしていると、様々な化学記号や元素記号が口からポンポン飛び出してきます。農家というより、まるで科学者のようです。

毎年樹も、土の状態も、天候も変わっていく中で、樹が求める最適な状態を見つけ出す能力。これは、もしかしたら科学者以上かもしれません。
 

一枝(側枝)に1玉しか実をつけない。これがこだわり。

芦沢さん桃を1つだけ残して他は摘んでしまいます

この桃源郷で、桃を栽培して30年。芦沢農園・芦沢一さんの栽培方法は地元でも有名です。

普通は、太い枝につながる側枝に2~3個程度の実を成らす栽培が多いのですが、芦沢さんは「側枝に1玉」しか実をならせません。…ということは、最初自然になった実は、1個を残して摘んでしまうんです。

芦沢さんの桃の樹大きくて、味がしっかりとした桃を育てるには、側枝、一枝につけるのは、絶対に1玉。2玉以上実をつけると、味がぼけるだけでなく、樹の負担が大きく、樹が弱っていろんな病気にかかりやすくなる。」

この原則を守ることで、本当に美味しい桃を毎年育ててきました。

芦沢さんの農法だから、農薬が半減できた?

一枝に1玉とはとても贅沢な栽培方法です。通常に実をならせるのと比べると、収穫量は半分以下。しかしこの栽培方法により、毎年味の濃い美味しい桃が育ち、「芦沢さんの桃は美味しい!」と大好評いただいています。

さらに、農薬の半減というという、安心・安全も実現できました。一枝に1玉という農法により、樹にかかる負担を減らすことで強い樹となり、農薬を半減することができたのです。

一般的に、この地域では収穫までに27回の農薬を散布します。そのくらい、桃は病気も虫も多いのですが、芦沢さんは半分以下の回数に減らして栽培しています。

山梨県山梨市。ここは・・・まさに桃源郷!

桃源郷

芦沢さんの桃園があるのは、山梨県山梨市東後屋敷。

春、4月中旬に訪れると…。

このエリアに突然、桃源郷が出現します。桃の花は桜の花より一回りぐらい大きく、濃いピンク色。枝に密集して咲きます。とても美しい。

桃の花と菜の花

桃の花は一気に開花し、一晩のうちに桃源郷に変わります。季節的に、菜の花も咲いている時期。ピンクと黄色とのコントラストが美しい場所も多くあります。

芦沢農園さんは、まさにこの桃源郷のど真ん中にあります。

8月中旬頃まで、14種類の桃をお届けしています!

桃の品種って何種類ぐらいあるかご存知ですか?

芦沢さんの桃園には、何と14種類の品種の桃があります。もちろん、素人には見分けがつきませんが・・・。大きくは、「白桃系」「白鳳系」。これに、皮や果肉が黄色ががった「黄金桃系」の品種が最近は増えています。

お届けが始まる7月初めは「日川白桃、加納岩白桃、早生白鳳」、中旬ぐらいから「白鳳、浅間白桃」など。8月に入ると「なつっ娘、一宮白桃、川中島白桃」などが収穫できます。白桃の多くは、ここ山梨の桃源郷の地名が付いています。

※一番旬の桃をお届けします。申し訳ございませんが品種は指定できません。 

芦沢さんの朝もぎ桃 美味しい食べ方

桃は、かなり固い状態で届きます。

桃カット
 

固くても、味も甘味もしっかりしています。しかし、少し柔らかくなった頃が一番美味しいので、届いてすぐはあまりお勧めしません。

固さの状態を確認しながら2~3日後が食べごろの状態です。(桃の状態により、食べごろの日数には差があります。)

お手元に届いたら、そのまま常温(冷暗所)で。

すぐに柔らかくなってしまうのではないか、傷んでしまうのではないかと冷蔵庫に入れる方が多いかもしれません。

桃の本当に美味しい食べ方は、食べる2~3時間前に冷やすこと。冷蔵庫に早く入れ過ぎると、桃が風邪をひいて味がぼけてしまいます。

桃1個

ご存知でしたか?皮つきのままがぶり!が一番うまい!

こんな食べ方も。柔らかくなり過ぎる前、まだ少し固めかな?という頃に、水をかけながら桃を手で洗うように、皮の産毛を落とします。

そして、冷たい水に15分ぐらい浮かべたら、皮つきのままガブリ!
これがとっても美味しい!

ぜひ一度お試しください。

※ご希望日をご入力いただけますが、注文状況や収穫時の天候の状況等により、着日のご指定に添えない場合もあります。ご理解ください。