ねじめびわ茶10<2018年7月30日販売開始><ポイント5倍>




健康家族の常用茶『ねじめびわ茶』


人の身体は、約60~70%が水分と言われています。毎日の水分補給は、健やかな暮らしに欠かせません。
そこで、『ねじめびわ茶』はいかがでしょうか?
芳しくてまろやか♪そして、ノンカフェインだから、お子様からご年配の方まで、ご家庭の常用茶としておすすめします。



 

  • NEW!

ねじめびわ茶10<2018年7月30日販売開始><ポイント5倍>

【商品コード】R112500

【商品内容】20g(2gティーバッグ×10包)

【原材料】びわの葉(鹿児島県産)
※びわの種は使用しておりません。

【出荷時期】通常2~5日営業日後に発送

【産地・生産者団体】農業生産法人(有)十津川農場

【送料について】まとめて常温送料送料について

通常購入

販売価格(税込): 390
数量:
ポイントキャンペーン番号をお持ちの方は、番号をこちらにご入力下さい。
ポイントキャンペーン番号:




『ねじめびわ茶』の「ねじめ」は、土地の名前です。
「根占(ねじめ)」は、南国の太陽と海から吹く風により、大地に恵みを与え、緑豊かな自然を育んでいます。
ここで育ったびわの葉をていねいに、手間ひまかけて美味しい『ねじめびわ茶』に仕上げています。


びわ茶の「スゴさ」ご存知ですか?


もともとインドや中国の南部が原産地のびわ。
優れた成分の宝庫として昔からびわの葉を煎じて飲まれているびわ茶は、古来からの知恵が脈々と受け継がれている、伝統あるお茶なのです。


びわ茶って美味しいの?苦くない?


一般的なびわ茶は、葉の裏の綿毛が十分に取れず、お茶にして飲むとのどにイガイガ感が残り、味もくせがあり飲みにくいのが実情でした。

十津川農場では、独自の製法で、飲みやすく、美味しい『ねじめびわ茶』を開発しました!
十津川農場は、特許製法の「トルマリン石焙煎」をしているので、ほんのり甘く芳しい味が好評です!
煮だした『ねじめびわ茶』から、苦み、渋みの原因となるタンニンは不検出でした。





南大隅町の自社農場は、1万坪の敷地に約5,000本のびわの木が植えられています。
また、自社農場以外にも約450軒の地元契約農家さんにお願いして、びわの葉を分けてもらっています。
びわ畑では、一年中草払いに追われたり、1枚1枚の葉っぱに太陽が当たり、葉だけに栄養が凝縮されるよう選定に工夫をしたりと、日々手間ひまかけてびわの木を育てています。

※契約農家さんの中には、びわの実を出荷している方もいらっしゃいます。このため、農薬を使用されている方もいますが、『ねじめびわ茶』の商品から、残留農薬(276項目)は、検出されておりません。また、放射能も国の基準の10Bq以下となっています。





こだわり1 「機能水」


「機能水」とは、数十種の鉱石で構成された層に水を循環させて粒子を細かくした水です。
びわの葉を洗浄した後、この機能水に浸けます。
びわの葉のもつ成分を流出させないよう、一定時間を限度に浸け込むことによりアクや汚れを取り除きます。
また、ここでびわの葉の持つうれしい成分を余すことなく引き出す準備をします。




こだわり2 「天日干し」


太陽のもとで何日もかけてじっくりと自然乾燥させます。
太陽の光をしっかり当てることによりまろやかで、ほんのり甘いおいしさが生まれます。




こだわり3 「トルマリン石焙煎」


『ねじめびわ茶』は、「トルマリン石」を使った独自の焙煎方法で仕上げます。
トルマリンは、摩擦や加熱で帯電することが知られており、加熱時には、遠赤外線を発するとされているケイ酸塩鉱物です。

このトルマリン石と一緒に高温焙煎することにより、びわの葉の持つうれしい成分を余すことなく引き出し、ミネラルを含む滋味深い『ねじめびわ茶』を生み出します。
焙煎マイスターがこだわるスペシャルな焙煎です!








『ねじめびわ茶』の一番経済的な入れかた


★煮出して、1LOK★

ティーバッグを入れたやかん等に水を入れ、沸騰後とろ火にして5~10分ほど煮出してください。
冷めるまでティーバッグは取り外さずに、入れたままで大丈夫です。
温かいうちに飲んでも、よーく冷やして飲んでも、どちらも美味しく頂けます。


早く&簡単にすぐ飲みたい場合


★急須で、500mlOK★

ティーバッグを入れた急須に熱いお湯を注ぐと、約3分で500mlの美味しい『ねじめびわ茶』が出来上がります。
※ただし、この方法は少々不経済です。






tocart


カスタマーレビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

トップに戻る
当サイトではジオトラスト社のセキュリティ技術を使用してお客様の個人情報を保護しています。
copyright ©株式会社イー・有機生活