イー・有機生活の人参ジュース

イー・有機生活の人参ジュースで健康ダイエット

人参ジュースで健康ダイエット

「にんじんジュース」は、ダイエットでよく取り入れられています。
では、なぜ「にんじん」なのでしょうか?
実は、にんじんには「抗酸化作用」に優れた栄養素がバランスよく含まれているから。
その栄養素は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。そして、βカロチンやαカロチンなど。
特に、βカロチンやαカロチンは、抗酸化作用に優れています。

人参ジュース

ジュースの原材料としてもにんじんは、充分な水分があり、甘みのある味も人気のひとつです。果物と違い、安価で、さらに1年を通して比較的手に入れやすい食材であることも理由のひとつです。
こんなに素晴らしい「にんじん」をジュースとしてを生活の中に取り入れるだけで、とても健康的な食習慣になることまちがいなし。

ここからは、にんじんジュースを取り入れたダイエット方法のご紹介です。
さあ、あなたも「にんじんジュース」で健康的なダイエット!Let’s Try!

あなたはどのダイエットタイプ?

自分に合ったダイエット方法はどんなタイプかな?
A,B,Cから自分に合うダイエットタイプを見つけてみてください。

Aタイプ
減量できないのは、甘いものが大好きだから!ってわかっているけど、やめられない。
そんなあなたは=「お菓子が食べたくなったら人参ジュースを飲むダイエット」タイプ

Bタイプ
毎日忙しくて、正直、食事に気を使っていられない。
そんなあなたは=「週末にプチ断食」タイプ

Cタイプ
とにかく痩せたい!痩せるためには、がんばれる!
そんなあなたは=「酵素たっぷり食生活改革!がっちりダイエット」タイプ

イー・有機生活の人参ジュースの定期購入はこちら
イー・有機生活の人参ジュースの購入はこちら

甘いものが大好きで、ついついお菓子を食べてしまう方におすすめ。
方法はとっても簡単!
甘いものが欲しくなったら、人参ジュースを飲むだけ。

<実践ポイント>
りんご果汁などが入った人参ジュースを選ぶことです。りんご果汁が4割程度入っていると、しっかりと甘さを感じます。だから甘党のあなたをきっと満足させてくれるはずです。さらに、にんじんの果肉も入ったジュースであればなお良しです。繊維もたっぷりとれ、さらにとろとろ食感の果肉は、腹もちがよく、ちょっとの空腹感なら満足できるところがポイント。

★Iさん(45歳女性)は、この方法で3Kg減量目指して実践中!
仕事中についついお菓子を食べてしまうIさんは、ちょっとお腹が出ていることが気になっていました。そこで、お菓子を減らすぞ!と決心し、「お菓子が食べたくなったら人参ジュースを飲むダイエット」に挑戦。
まず、朝出勤したら、机の上に人参ジュースをセッティング。そして、好きな時に、ぐびぐびっと飲んでいます。夕方になるとやっぱり我慢できなくて、チョコをひとくち食べたりして意思の弱い一面も。1日で飲む人参ジュースは、約500ml。
こんな簡単な方法で、2ヶ月後には、3Kgも体重が減っているかも!
実践1カ月で、少しづつお腹が引っ込んでいるような実感に、大喜びです。
今も体重キープのために、机の上に人参ジュースは、欠かせません。

人参ジュース
イー・有機生活の人参ジュースの定期購入はこちら
イー・有機生活の人参ジュースの購入はこちら

平日は毎日とっても忙しい方におすすめ。
週末だけで簡単に1〜2Kgの減量を目指します、そして、腸もリセット。

実践方法は「週末プチ断食」です。

プチ断食の効果は、ダイエットの他にも、腸にたまった「宿便(しゅくべん)」を取ることができ、腸内環境が改善される「腸リセット」も見逃せません。 便秘気味の方が、ちゃんと排泄することによって腸の中にたまっていた毒素や老廃物を排出することで、代謝が上がり、減量しやすい体質になります。 「週末プチ断食」は月1回または2回行いましょう。定期的に行うことで、体質が改善され、慢性的な肥満も解消が期待できます。

★「プチ断食中の食事の内容」
<朝>

  • 生にんじんをジューサーで絞ったジュースをコップ1杯
  • 季節の果物を1種類と生野菜サラダ

<昼>

  • 玄米茶や穀物飲料または生姜紅茶
  • 梅干し1個
生にんじんをジューサーで絞ったジュース

<夜>

  • 生野菜のサラダ(3〜4種類の野菜)
  • 穀物飲料または生姜紅茶

■サラダのおすすめドレッシング

  1. しょうゆ小さじ1、黒酢小さじ1、亜麻仁油小さじ1
  2. バルサミコ酢小さじ1、メープルシロップ小さじ1、亜麻仁油小さじ1 (亜麻仁油の代わりに、えごま油やオリーブオイルでもOK)
生野菜のサラダ

<実践ポイント>
プチ断食中は、水や玄米茶などの水分をたっぷり取りましょう。
栄養が足りなくて大丈夫かなと心配の方は、甘酒もおすすめです。甘酒は「飲む点滴」とも言われている栄養たっぷりの飲み物です。

朝、生のにんじんを絞るのがちょっと面倒な方には、冷凍の「生搾り人参ジュース」がおすすめ。
「生搾り人参ジュース」は、人参を低速ジューサーで絞ったあと即冷凍しているので、酵素が活きているジュースです。一般のジュースは、加工段階で加熱処理が行われているので、酵素は失活しています。
さらに、生の人参をそのまま搾っているので、農薬を使わずに栽培した人参を搾っているものがベストです。

生搾りにんじん100%ジュース

農薬を使わずに栽培した国産人参を低速ジューサーで搾って即冷凍。
「生搾りにんじん100%ジュース」

イー・有機生活の人参ジュースの定期購入はこちら
イー・有機生活の人参ジュースの購入はこちら

痩せるためなら頑張れる方、意志の強さに自信のある方におすすめ。
身体を見つめ直す「食」改革のダイエットです。

食事を生の野菜を中心とした内容に変え、酵素たっぷりの食生活に改革します。生野菜の酵素を多く取り入れることで、代謝を活発にすることができます。
生の野菜や果物には、酵素がたっぷり。でも、たくさんの野菜や果物を毎食ごとに食べるのは大変。そこで、ジュースがおすすめです。
献立は、おかずの半分を生野菜や温野菜に。お肉や魚は週2回くらいまで。
煮物や温野菜中心のおかずにします。

野菜

★酵素たっぷり食生活「食事の内容」
<朝>

  • 生にんじんをジューサーで絞ったジュースをコップ1〜2杯
  • 季節の果物を1種類。サラダをプラスしても大丈夫。

<昼>

  • 主食(玄米ごはん、おそば、さつまいも、全粒粉のパン)
  • 生野菜サラダ+おかず1品。生野菜とおかずの割合は、1対1。
季節の果物

<夜>

  • 主食(玄米ごはん、おそば、さつまいも、全粒粉のパン)
  • 生野菜サラダ+おかず2品+青汁ジュース。生野菜の割合は、おかずの1/2。
玄米

<実践ポイント>
身体を作るのは、食事。この「食べる」を“楽しむ”という観点で見直します。
おかずには昔からの発酵食品も積極的に取り入れてみましょう。発酵食品といえば、味噌や醤油、ヨーグルト、甘酒、塩麹など。いつも同じになりがちなレシピを発酵食品も使っておいしく「食べる」方法を調べたり、自分で考えたりして「食べる」を楽しみましょう。

イー・有機生活の人参ジュースの定期購入はこちら
イー・有機生活の人参ジュースの購入はこちら

チャレンジ!Kさんの場合 人参ジュースダイエット実践中です。

★Kさん(50歳女性)は、食事を野菜中心に変えて、4ヶ月で15Kgの減量に挑戦中!

■Kさんの1日

朝は、にんじんジュース作りから1日が始まります。ジューサーで絞ったジュースをコップ1〜2杯(400〜800CC)飲みます。その他に、果物を食べるときもあります。
(朝の定番、低速ジューサーで絞った酵素たっぷりのにんじんジュース)

朝の定番、低速ジューサーで絞った酵素たっぷりのにんじんジュース

通勤は、電車で約1時間10分。一駅手前で降りて、約20分歩きます。
昼は、なるだけ手作りのお弁当持参。お弁当は、玄米ごはん、生野菜、おかず1〜2品。

玄米ご飯、キャベツの塩麹あえ、ミニトマト、茹でたさつまいも、金時豆
会社での飲み物は、人参ジュース。以前は、お菓子をよく食べていましたが、人参ジュースを飲むようになって、間食はほとんどなくなりました。
その他に、穀物コーヒーに生姜パウダーと黒糖を少し加えた暖かい飲み物でリフレッシュタイムを満喫しています。
コーヒーが大好きだったのですが、カフェインのない穀物コーヒーにチェンジしました。

ある日の昼食

(ある日の昼食)
玄米ご飯、キャベツの塩麹あえ、ミニトマト、茹でたさつまいも、金時豆

夜は、帰宅が21時を過ぎることが多いので、食事は少なめ。
生野菜とお味噌汁、野菜のおかず1〜2品だけで軽くすませることが多いです。
21時前に食事ができる時は、主食をプラス。本当は、夕食は20時までに食べるのが理想ですが、マイルールで21時にしています。細かいことを気にしないことも長く続けるためには、必要ですね。

生野菜をたくさん食べる食事を中心に、月2回ほどプチ断食をプラス。
最初の2ヶ月は、全く体重が変わらず、年取ると痩せないのかな?とあきらめかけていたところ、3か月目に入って突然、毎週1kgづつ体重が減り始めました。このままいけばそ15kgの減量成功も夢じゃない!
さらに、会社で風邪が大流行していた時も私だけうつりません!免疫力もアップしてるかも。

ある日の夕食

(ある日の夕食)
サラダ、野菜の煮物、雑穀麺のキムチのせ、もずく(午後9時を過ぎると、麺類やご飯類は食べません)

実践4ヶ月目。
これ、主人のズボンではありません。私の4カ月前のパンツ。

これ、主人のズボンではありません。私の4カ月前のパンツ。
イー・有機生活の人参ジュースの定期購入はこちら
イー・有機生活の人参ジュースの購入はこちら
copyright ©株式会社イー・有機生活

back to top